中丸薫

マスターマインド 代表取締役金成泰宏

中丸薫

国際政治評論家
Kaoru Nakamaru

 

有料メールマガジン発行中

略歴

国際政治評論家。
コロンビア大学政治学部、同大学院国際政治学部卒業後、世界各国を歴訪、国際政治の現場で研さんを積む。
70年代より、世界のトップリーダーをインタビューするジャーナリストとして活躍し1974年にはニューズウィーク誌テレビ特集版にて「インタビューアー世界No.1」の評を得る。
各国大統領や国王との対談、数々の国際会議に出席するなど民間外交を積極的に展開する。
現在は、「太陽の会」を主宰し、「中丸薫のワールド.レポート」を発行、講演会や執筆活動を通じて、国際政治の大衆化を目指した活動を続けている。
1974年より通産省審議会委員、1980年より外務省「海外広報協会」評議委員。
2004年には、American Biographical Instituteより「21世紀の偉大な女性」、「21世紀の偉大な思想家」に選ばれ、英国のInternatinal Biographical Centreからは「21世紀の代表的な知識人2000人」に選出される

経歴

1973 ニューズウィーク誌テレビ特集版において「インタビュアー世界No.1」の評を得る。ワシントンポスト誌でも「時の人」として取り上げられる。
1974 通産省審議委員をつとめる。
1975 ヨルダンのフセイン国王より独立栄誉賞を授与される。
1980 外務省「海外広報協会」評議委員をつとめる。
ニューヨークと東京に事務局を開き、国際間のコミュニケーションギャップを埋めるため、講演、著述、テレビ出演などを通して国際的な活動を展開している。(訪問国154ヶ国)
1984 全米300ネットワークを持つPBS局で人間性の回復を目指して、‘FOI IOWING THE SUN’という各界指導者とのインタビュー・ドキュメンタリー番組を放映。
1987 国賓待遇でソビエトに2週間招待される。ニューヨークを拠点にテレビ出演、講演活動を行う。
1989 第1回世界平和のための国際シンポジウムをニューヨークのプラザホテルで行う。
1990 世界平和をテーマにした劇「長崎丸」を制作協力しブロードウェイで夫、中丸忠雄主演で上演。
ヨーロッパのマルタ騎士団より世界平和の貢献を認められ、プリンセスの称号を授与される。
1991 「力の道」から「命の道」へ、を目指して意思改革のためのTL運動(トータルライフムーブメント)・国際セミナー等を企画スタートさせる。
1994 全世界の注目を集めている北朝鮮金日成主席への単独インタビュー。
1995 マニラ・台湾の平和会議で講演。クアラルンプールで「国際政治を公平に」数十ヶ国の専門的な学者の会議に参加。
1996 北朝鮮へ国賓待遇で訪問。
ワシントン・コスモスクラブパーティーに招待される。
韓国政府より、正式に南北両元首の対談を設定することを依頼される。
リビアで「世界平和のためと女性の人権のために」数十ヶ国の女性代表の集いに参加し英語で講演。
ウィーンで国際会議。
1998 アメリカ軍によるイラクへの空爆回避のためイラクを訪問。
南北朝鮮両政府より、国賓待遇で招待を受ける
2000 イランより革命30周年記念式典に国賓待遇で招待を受ける。
2004 American Biographical Instituteより「21世紀の偉大な女性」、「21世紀の偉大な思想家」に選ばれ、英国のInternatinal Biographical Centreからは「21世紀の代表的な知識人2000人」に選出される。
2006.02 マスターマインド金成泰宏と正式にエージェント契約。

テレビ番組

1970年代 「世界の主役」(テレビ東京)
1980年代 「ワールド・ナウ」(テレビ朝日)/「世界を動かす100人」(テレビ東京) / 「Following The Sun」(アメリカPBSネットワーク/全米380局)

デビッド・ロックフェラー キャンディス・バーゲン ガタフィー大佐
主な出演者(敬称略/順不同)

《国王》フセイン元国王(ヨルダン)、レーニエ大公(モナコ公国)/《政治家》サダム・フセイン元大統領、ガタフィー大佐、サダト元大統領、フォード元大統領、ガンジー元首相/《実業家》デビットロックフェラー、ビクターロスチャイルド、ドナルドケンドール/《歌手》イヴ・モンタン、アンディ・ウィリアムズ、ポール・アンカ、パット・ブーン、フリオ・イグレシアス/《俳優》アラン・ドロン、グレゴリー・ペック、ジョン・ウェイン、ショーン・コネリー、イングリッド・バーグマン、カトリーヌ・ドヌーブ、シャーリー・マクレーン、ライザ・ミネリ他多数

スティーブン・スピルバーグ フリオ・イグレシアス フセイン元国王